2017年7月22日土曜日

今週の60

DSCN5710

1週間経ってこれ。
なんかほんとに成長遅いな。
全体的な葉の小ささとかやっぱり窒素不足?
成長遅いのはトリミングに追われなくて済むから悪いとも言えないけど。

最前面がなんだか荒れちゃってるのは、給水パイプの内側を掃除しようと、外すのめんどくさいからパイプを水槽に付けたままでストレーナーだけ外して、長いワイヤーがついたブラシを突っ込んで掃除してたら、ワイヤーが水槽の中で暴れて、せっかく落ち着き始めたところを荒らしちゃったからです。
グロッソとか引き抜いちゃった。ピンセットで差し込み直してはおいたけど。
その割にパイプはちゃんと綺麗になってないけど。

リン酸除去剤を取り除いた後は、
黒ヒゲが出たりしてますが、見つかったのはこの3日で水流があたる前の方やピンナティフィダの古葉などに数カ所だけ、ごく小さくて成長速度も大した事ないので、たまにカットすれば良いかなって程度です。もちろん全部カットしました。
サンゴ状コケは出ていないです。

グロッソのランナーの数は増えています。
改めてリンの重要性はよく確認できたなと。
でも、成長遅いし細いし短いです。

最前面には、ウォーターローンをほんのちょっと刺しておきました。
ソイル抜きの時に地味にグロッソの間に育っていたウィーターローンを全部取ることになっちゃってたので。
ガラス面に添って埋めてるんですけど、これはこうしないとラミーノーズやヤマトに全部引き抜かれて食べられちゃうからです。
こうすれば光は当たるし、埋まってるからラミーは口を出せない。
かなり深めに差し込まないとヤマトは腕をソイルの間に差し込んで引き抜きます。
ソイルの間に横に伸びるまではラミーとヤマトにやられますけど、いったん固定されてソイルに張り付くように葉が出てくるようになると、ラミーの芝刈りはむしろありがたいくらい。
短めに刈り揃えてくれます。

ブリクサの下にOKOSHIを入れるために指で穴を開ける時に少し全体が陥没しちゃったようなので…下に大きめの粒の軽石が入っているので隙間にソイルが落ちていってしまう…、切り裂いた穴からソイルを詰めて入れておきました。

前の写真と比べてピンナティフィダが無かったところに突然出てたりすると思うのですが
...そんなこと丁寧に見比べる人がいるとも思えないけど、
これは、行ってほしくない方向に伸びたランナーを切って、
適当に壁面這っているランナーの間に差し込んだものです。
ある程度ランナーが増えると新たに活着させるのも簡単ですね。
数日で根が張り付いて動かなくなります。
あくまで予め発根しているランナーを刺し込んだ場合ですけど。

いつもどおりの水換えと液肥添加。

--

追記

黒ヒゲですが、良く見たら 水草には付いていないけど、CO2のチューブ、サーモのセンサー、排水口、ラムの殻...などに細かいのが付いてました。
爪で取ったけど、流れて行っちゃったのも多数。

水中で使える瞬間接着剤

水中で使える 水に濡れたまま 水槽の中ででも 水草とか石とかを接着できることをウリにしている瞬間接着剤っていろいろあるんですね。 


アクアスケーピンググルー(AZOO JAPAN) 




ウォータージェル(デルフィス)

ちなみにデルフィスは、クイックジェルっていう似たものも売っていますが、
こちらは、水中での接着は出来ないらしい。

2017年7月21日金曜日

スイレン開花

例年より1ヶ月以上遅れている上に、花が小さい。
その上、バッタに喰われて葉とかボロボロなので写真撮る気も起きず。

さっき記録を見たら土台から手を入れ直しているのって2年前なんですよね。
また来年の春先にでも作り直そう。

2017年7月19日水曜日

肥料投入メモ ブリクサにOKOSHI

ブリクサがずっとイマイチだと書き続けてきましたが、
ついにOKOSHIを1個まるごと入れました。

リン酸除去剤撤去してから間もないし、黒ヒゲも出始めてるわけですが、
なんにしても入れるならロタラが復活していくタイミングだろうと。
OKOSHIってリンが5%も入ってるんですけどね。

ストレーナー横のところの下草を切開して、指をブリクサの下まで斜めに突っ込んで穴を開けて、そこに投入。

以前の立ち上げだと、少なくとも最初のうちはブリクサは困っちゃうくらいボーボーだったわけですが、必ずセット時にブリクサの下にはアクアフローラ...ほぼOKOSHIと同じですね...を入れていたんですよね。

今回は、最初に腐葉土とかの肥料分を全体的にけっこう入れているし...って思ってたんですけどね。

2017年7月18日火曜日

黒ヒゲとグロッソのランナー リン酸除去剤との関係

日曜にリン酸除去剤を外して、たった2日。

前景の特に水流が当たってるところとかに黒ヒゲが新たに出てるんですけど。

リン酸除去剤が効いていたのだというのはよく分かりましたよ。

それから、ずっと新たなランナーが出ていなかったグロッソにランナーが出始めた。

どうしましょうかね。
リン酸除去剤を戻すか、このまま様子を見るか。

もうしばらく様子を見ます。

2017年7月17日月曜日

ピンナティフィダ2ヶ月

DSCN5703

DSCN5704

ピンナティフィダですが、
最初4本 ... チャームの活着用3本売りに1本余計に入ってた分...で、
始まって、2ヶ月でここまで増えました。

ここに写っていない、
もっと奥の石とかストレーナー周りの石のあたりのとかも含めて、
全部その4本からはじまってます。

活着で育てていくのは、もっと時間が掛かるものだと思っていました。

ただ、ピンナティフィダも最初のころと比べるとかなり成長速度が落ちています。

あとどのくらいでピンナティフィダだらけにできるかな?

2017年7月16日日曜日

リン酸除去剤を撤去

結局、リン酸除去剤を撤去しました。

入れていたのは丁度一ヶ月ですね。

サンゴ状ゴケが酷くならなくて迅速に消滅させられたのは、おそらくリン酸除去剤の成果なんだろうと思っています。
だけど、こういうのはなかなか断言できない。
これでまた出てくるようなら、サンゴ状ゴケにはリン酸除去剤が決定的に効くってことなんでしょうね。

それよりも気になっているのは水草の育ちの悪さで...例えばロタラの葉のサイズ・成長速度、グロッソのランナーの出とか... ...これもリン酸除去剤と無関係ではないだろうということで、撤去してみたかったわけです。

リンは、適正量より少なくても...絶対的に足りないという状況でさえなければ、それほど明確な障害は出にくいと言われていますよね。

発根が減る、新芽が減る、ランナーとかを出しにくくなる、葉が小さくなる...

極端に足りなければ、下葉が黒っぽくなって枯れやすくなるとかってのもあるけど。

それとこれはリン酸だけじゃなくてケイ酸も除去するわけですが、
ケイ酸が珪藻とか紅藻類(黒ヒゲとかサンゴ状ゴケ)とかと関係が深いのは確かで、そういう点でコケ予防に効くわけですが、
ヘアーグラスのようなケイ酸を要求する水草もあるわけで、この点でも水草の成長と無関係じゃないですね。

さて、どうなるか??

ところで、リン酸除去剤を取り出すのにフィルターを開けたら、また稚エビが沢山出てきました。
手前に出てくるエビはヤマトばっかりで、ミナミの親は殆ど見かけないのだけど、見えないところで...ロタラの林の奥とかで...励んでくれているみたいですね。

それと、エーハイムのリン酸除去剤の有効期間は3ヶ月って書いてあったので、撤去したものは取っておいて、また必要だと思ったら、これを使おうと思っています。
だいたい水槽の条件を示さないで3ヶ月って書いてあるってことは、水草が無い環境とか...水中のリン酸が水草水槽よりずっと多くなりやすい環境とかも想定しているのだろうから、もっとずっと余裕はあるんじゃないかとか想像してます。